そばかすとシミの違いは何?そばかす・シミ・ほくろの見分け方って?

そばかすとシミの違いの一つは、その発生原因です。

そばかすは遺伝が原因でできることが多く、小さい頃から目立ち始めます。
早い方では5歳くらいから目立つようになる方もいるようです。

これに対してシミは、加齢や紫外線が原因で20代後半くらいからでき始めることが多いです。
できる年齢の違いが見分け方の1つになるので、子供の頃からできているものか、ある程度の年齢を重ねたときにできたものかで判断をすることができます。

また、色や大きさにも違いがあるので、色や形で見分けるという見分け方があります。
シミに比べるとそばかすは色が薄く、形も小さいという特徴があります。
シミには、ニキビ跡などが色素沈着を起こしたものや、女性ホルモンのバランスの崩れが原因で起こる肝斑、年齢と重ねるとこめかみのあたりにできる老人性色素班などいくつかの種類があります。

ほくろは、他の2つに比べて色が黒いという点が大きな違いです。
ほくろの大きさはそれぞれで、数センチほどの大きさのものもあれば、針先くらいの小さな大きさのものもあります。
いろいろな大きさのほくろが顔や体に多数発生することもあります。
また、そばかすやシミと比べると、触った感触がザラザラしたものもあります。

そばかす シミ 違い

コメントは受け付けていません。