そばかすのようなものが鼻に出来た場合のそばかすとシミの見分け方は?そばかすとシミのできる原因には違いはある?

シミとそばかすは顔にできやすいことや、メラニン色素によって浮き出るものという点は同じですが、原因が違います。

そばかすの多くは遺伝性のもので小さな頃から顔に現れます。場所は鼻周辺や目の下などに多く点在し、大きさが小さいのが特徴です。

それに対してシミは20代過ぎたころから現れやすく、紫外線の影響や添加物によるもの、ホルモンバランスの崩れ、ニキビ跡など肌トラブルが原因できるものです。そばかすとの違いは大きい場合が多いことです。

この二つの見分け方としては、そばかすは、思春期の時期を過ぎると消えたり薄くなったりする場合がありますが、シミはそのままにしておくと増えたシミ同士がくっついて大きなものになることも違いです。

鼻にできたものの見分け方は小さな頃からある場合にはそばかす、大人になってから出現したのならシミということになります。
見分け方が難しいことがありますが、原因は違うものですが、同じメラニン色素が原因となっているので、対処法は同じです。

肌は外部刺激からの防御反応でメラニンを多く作る特徴があるので、紫外線対策はしっかりと行うこと、鼻は顔の中でも高さがあるので特にしっかりと対策することが大切です。

また日々の汚れはその日のうちにしっかりと落とし、保湿を十分に心がけることが大切です。

そばかす 鼻 シミ

コメントは受け付けていません。