そばかすを治す方法と原因ってなに?メラニンはそばかすが増える原因にもなるの?

そばかすは目元や頬の上の方に小さく散らばるようにできる茶色の斑点で、原因を知ることや治す方法を知ることでそばかすの悩みを解消することが期待できます。

原因は先天的なものと後天的にできたものに分けることができ、大人になってからできた後天的なものは年齢を重ねると目立つようになります。

また、増える原因のひとつにメラニン色素が影響しています。そばかすができる過程では、体に活性酸素が増え過ぎると自分の細胞を傷つけたり酸化させます。
紫外線を浴びるなど外的刺激により活性酸素が発生し、メラノサイトが刺激を受けます。このメラノサイトが肌を黒くさせる要因でもあるメラニン色素を生成します。
紫外線などから守るためにメラニン色素が増えることで実は肌を黒くしており、ソバカスができるのです。

そばかすを治す方法には必要以上に紫外線を浴びず、ビタミンを積極的に摂ることが大切です。
できたソバカスを治す方法としてはビタミンCの摂取が必要で、ビタミンCにはメラニン色素の定着を防ぐ効果も期待できます。
また、ビタミンEには肌の新陳代謝を活発にしたり、肌のターンオーバーを促進する効果が期待できます。

メラニン色素は肌を刺激することで増えることもあるため、洗顔などは優しく行なうことも大切なことです。

そばかす 治す方法 原因

コメントは受け付けていません。