そばかすの治し方、子供のそばかすの場合は大人とは方法が違うの!?

そばかすの治し方は子供と大人の場合とでは方法に違いがあるのでしょうか?
そばかすは生まれつき小さい頃からあるのか、大人になってからできはじめたのかによって原因が違います。

生まれつきあるそばかすはほとんどの場合、遺伝が原因です。
正確に言うと、そばかすそのものが遺伝するのではなく、できやすい色白の体質が遺伝するということです。
同じ環境で生活していても、特定の遺伝子を持っている子供にできやすいということです。

子供と大人のそばかすは治し方にも違いがあります。
大人の場合は、美白成分が配合された化粧品で薄くすることができますが、子供の場合そのようなケアをしてもほとんど効果がありません。
それどころか、成分が肌に刺激を与えてしまい、メラニンの生成を促すことになるため、逆効果となってしまいます。

有効な対策としては、日焼け止めなどできちんとした紫外線対策を行うことです。
子供の場合は、積極的な治し方ではなく、目立たせないケアが大切です。肌に当たる紫外線の量を減らして、これ以上濃くならないように気を付けましょう。

思春期の終わりになれば自然と消える場合が多いので、過剰なケアは禁物です。
積極的なケアは、思春期が終わっても消えない場合に行うのがおすすめです。

そばかす 治し方 子供

コメントは受け付けていません。