そばかすを美容皮膚科で診てもらうのと皮膚科で診てもらうのでは、どのような違いがあるの?美容皮膚科と皮膚科は両方とも保険が使えるの?

美容皮膚科と皮膚科とのそばかす治療の違いの一つは保険診療かどうかです。その違いは治療行為にも表れます。

一般的な考え方としては、美容皮膚科の方は美容目的に行うため保険診療に該当しません。
カウンセリングを行い、どういうところに悩みをもっているのかを確認し、レーザー治療や光治療で皮膚の黒くなっている部分を除去、もしくは薄くし、アフターケアを行うといった流れで治療します。

一方、皮膚科の方は美容皮膚科と違い、病気を治すということが目的です。これに対しては保険診療の対象です。

そばかすの場合、紫外線が原因といわれますが、それ以外に何かしらの疾患があり、その影響でそばかすが出きてしまったというのであれば、皮膚科で診ることとなり保険診療の対象です。

治療内容も美容皮膚科とは異なり、薬を処方する形でのアプローチが多いです。
レーザー治療を行うこともありますが、美容目的でないとはっきりしていれば、保険診療の対象となりますが、皮膚科であっても自由診療となることもあります。

そばかすの原因には女性ホルモンの分泌も影響しているといいます。ピルの服用も含め、女性ホルモンに影響を与える状況に心当たりのある方は、皮膚科を受診し、相談した方が手っ取り早いでしょう。

そばかす 美容皮膚科 違い

コメントは受け付けていません。