そばかすを病院で治療する場合、薬を処方してもらうことはできるの?病院で処方してもらえる薬は、市販のサプリメントや美白クリームなどと比べ、どのような違いがあるの?

気になるそばかすを病院で治療しようと考えている方もいますよね。
そばかすを病院で治療する場合、薬を処方してもらうことはできますので安心して治療をしましょう。

そばかすの治療薬として病院から処方される薬は、トランサミンとビタミンCがあります。
トランサミンは、止血剤として使われている薬ですが色素沈着を抑制する効果があります。
ビタミンCは肌のコラーゲン生成に関わる成分ですので、抗酸化作用があります。そばかすの原因であるメラニンに働きかけて色素沈着を抑えてくれます。
ビタミンCは体内で生成ができないため、内服薬で取り入れることが効果的です。

市販のものと病院から処方されるものの違いには、まずはそばかすに効果のある成分が多く含まれているかにあります。
市販のサプリメントや美白クリームより、病院で処方されたものの方が効果は強いです。
また、厚生労働省に認可されているものなら保険が適用されますので市販のものより安く処方をしてもらうことができます。

トランサミンやビタミンCには、健康保険が適用されますので適切な治療を受けるためにも専門医のいる場所で治療をしましょう。
気になる肌のトラブルは早めに解決することが大切です。

そばかす 病院 薬

コメントは受け付けていません。