そばかすを薄くする方法で有効な薬を買うには専門の医師に相談する必要があるの?また、そばかすを薬で治療する時、どんな薬が処方されるの?

そばかすを薄くする方法のひとつとして皮膚科など専門の医師に薬を処方してもらう方法があります。

そばかすを薄くする方法は専門医師に薬を処方してもらう方法で、皮膚科では外用薬が処方されることがあります。そばかすは遺伝的な要素が多いですが、紫外線を浴びることでさらに濃くなるケースもあります。

皮膚科の専門医師による診察で処方される外用薬にはハイドロキノン軟膏があります。そばかすを薄くする方法で市販のクリームなどにハイドロキノンが配合されていることもありますが、市販のものはハイドロキノンの濃度が薄く、皮膚科のハイドロキノン軟膏は有効成分が5〜10%と高濃度で強い漂白作用がある成分なので使用方法などを医師から指導を受ける必要があります。

医師の指導が必要なほど医療機関でもらうハイドロキノンは効果が期待できるということです。

もうひとつ処方されることがある軟膏はビタミンA誘導体の一種で表皮細胞の新陳代謝を促進し沈着してシミになっているメラニンを自然に排出する効果が期待できます。塗布した直後は肌が赤くなり皮膚が剥がれ落ちるような反応が約6週間継続し、経過を見ながら濃度や量などを調節するため医者による適切な指示を守ることが必要になります。

そばかす 薄くする方法 薬

コメントは受け付けていません。